自分のクロノタイプを科学的に調べる!【ミュンヘンクロノタイプ質問紙(MCTQ)日本語版】

クロノタイプって何?

カリフォルニア大学バークレー校のセンター・フォー・ヒューマン・スリープ・サイエンスのディレクター、マシュー・ウォーカー氏の『Why We Sleep』では、人間が24時間サイクルの概日リズムで活動しており、体内時間は体温の低下にともなって、寝る時間や起きる時間を調整していることを詳しく説明しているらしいです。

ウォーカー氏によると、人口の約40パーセントが朝型、30パーセントが夜型、残りはその中間とのこと。
「夜型なのは本人が選んだわけではないのです。DNAによって遅く眠くなるのは避けることができないのです。
つまり、夜型は本人の『意識的な』過失ではなく、『遺伝子』のなせるわざなのです」

朝型、夜型は遺伝子が関係している

※参考URL
夜型は怠け者じゃないよ。クロノタイプ・ダイバーシティの考え方

ミュンヘンクロノタイプ質問紙でクロノタイプを検査

ミュンヘンクロノタイプ質問紙
上記のサイトで、実際に、検査を受けることができます。

私の結果です

わたしのMCQTの結果(PDFファイル)

画像イメージ(詳しくはPDFで)

遺伝子検査でのクロノタイプと比較

下記は、GeneLife 自己分析遺伝子検査の検査結果ですが、大体、同じですね。

遺伝的に見ても、私は、日本人では上位2.27%に入る夜型でした。

まとめ(起こさないで!><)

つまり、私は朝の8時は熟睡しているので起こさないようにしてください。
多くの平均的な人が、夜中の3時半に起こされてるようなものと完全に同じなので・・;。;

紹介 Azusa Nakano

中野システム研究所 所長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください