三十七菩提分法

三十七菩提分法を勉強しよう!

Wikipediaだと三十七道品になるようです。

道品とは修行項目のことで、菩提分法(ぼだいぶんぽう、巴: bodhipakkhiyā dhammā, ボーディパッキヤー・ダンマー)、三十七品、三十七分法、三十七菩提分法、三十七覚分ともいう。 四念住・四正断・四神足・五根・五力・七覚支・八正道の七科に分かれる。

三十七道品とは、パーリ語経典長部の大般涅槃経 、漢訳の中阿含経などに説かれた、仏教において悟りに至るための三十七の修行法のこと。道品とは修行項目のことで、菩提分法、三十七品、三十七分法、三十七菩提分法、三十七覚分ともいう。 四念住・四正断・四神足・五根・五力・七覚支・八正道の七科に分かれる。 ウィキペディア

四念住(四念処)

(しねんじょ、巴: cattāro satipaṭṭhānā, チャッターロー・サティパッターナー)

釈迦の初期仏教の時代から、悟りに至るための最も中心的かつ最重要な観想法であり、仏教の主な瞑想である止観の内、観(ヴィパッサナー)の中核を成す観想法である[要出典]。

  • 身念住(体をあるがままに観察する)
    身は不浄である。

  • 受念住(受をあるがままに観察する)
    受は苦である。

  • 心念住(心をあるがままに観察する)
    心は無常である。

  • 法念住(法をあるがままに観察する)
    すべての事物は非我である。

  1. 身念処(身念住) – 身体(kāya)の不浄を観ずる(不浄観)
  2. 受念処(受念住) – 一切の受(vedanā)は苦(ドゥッカ)であると観ずる(一切皆苦)
  3. 心念処(心念住) – 心(citta – チッタ)の無常を観ずる(諸行無常)
  4. 法念処(法念住) – 法(dhamma)の非我(いかなる事象も自分に非ず)を観ずる(諸法非我)

四正断(四正勤)

(ししょうごん、巴: cattāro sammappadhānā, チャッターロ・サンマッパダーナー)

「三十七道品」の中の第2の行法で、4種の正しい努力のこと。

  1. 断断 – 既に生じた悪を除くように勤める
  2. 律儀断 – まだ生じない悪を起こさないように勤める
  3. 随護断 – まだ生じない善を起こすように勤める
  4. 修断 – 既に生じた善を大きくするように勤める

四神足(四如意足)

(しじんそく、巴: cattāro iddhipādā, チャッターロー・イッディパーダー)

瞑想において自在力・神通力を得るための4種の基礎。「四如意足」(しにょいそく)とも。「三十七道品」の中の1つ。

  1. 欲神足 (chanda-iddhipāda) – すぐれた瞑想を得ようと願うこと
  2. 勤神足 (viriya-iddhipāda) – すぐれた瞑想を得ようと努力すること
  3. 心神足 (citta-iddhipāda) – 心をおさめて、すぐれた瞑想を得ようとすること
  4. 観神足 (vīmaṃsā-iddhipāda) – 知慧をもって思惟観察して、すぐれた瞑想を得ること

『ブッダ最後の旅』 中村元(訳)3章-50項 (本文)4つの不思議な霊力

五根

(ごこん、巴: pañc’ indriyāni, パンチンドリヤーニ)

仏教の修行において根本的な5つの能力、信、精進、念、定、慧である。悟り・解脱を得るための5種の能力・機根。三十七道品の中の1つ。

善根とも呼ばれるこれらが、一個人の中で主導的な力となった場合、五力(ごりき)と呼ばれる。

  1. 信(巴: saddhā、梵: śraddhā)
  2. 勤(巴: viriya、梵: virya)
  3. 念(巴: sati、梵: smṛti)
  4. 定(巴: 梵: samādhi)
  5. 慧(巴: pañña、梵: prajñā)

修行の根本となる5つであり、根の字は能力を指す[1]。
念以外は、その力が強すぎても、修行の妨げとなるため、それぞれの力が均衡にはたらくことを瞑想修行を通して目指していく[1]。
念は強ければ強いほどいい[1]。
信仰と智慧、努力と禅定などは対であり、その力の発達には均衡が必要である[2]。
これらが、一個人の中で主導的な力となった場合、五力(ごりき)と呼ばれる[2]。

  1. ^ a b c d マハーシ長老 『ミャンマーの瞑想―ウィパッサナー観法』 ウ・ウィジャナンダー訳、国際語学社、1996年、164-165頁。ISBN 4-87731-024-X。
  2. ^ a b c ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ 『ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく』 菅沼晃訳、春秋社、2001年、176-177頁。ISBN 978-4-393-13335-4。

五力

(ごりき、巴: pañca balāni, パンチャ・バラーニ)

仏教における修行内容の1つ。修行者を悟り・解脱に至らしめる5種の力。

  1. 信(信仰)(巴: saddhā、梵: śaraddhā)
  2. 精進(努力)(巴: viriya、梵: virya)
  3. 念(憶念)(巴: sati、梵: smṛti)
  4. 定(禅定)(巴: 梵: samādhi)
  5. 慧(知慧)(巴: pañña、梵: prajñā)

七覚支

(しちかくし、巴: satta bojjhaṅgā, サッタ・ボッジャンガー)

  1. 念覚支(sati-sambojjhaṅga) – 気づき(サティ)。心で今の瞬間の現象を自覚すること
  2. 択法ちゃくほう覚支(dhamma-vicaya–sambojjhaṅga) – 法の中から真実のものを選ぶ
  3. 精進しょうじん覚支(viriya-sambojjhaṅga) – 努力
  4. 喜覚支(pīti-sambojjhaṅga) – 喜びに住する
  5. 軽安きょうあん覚支(passaddhi-sambojjhaṅga) – 心身に軽やかさ・快適さを感じる
  6. 定覚支(samādhi-sambojjhaṅga) – 心が集中して乱れない
  7. 捨覚支(upekkhā-sambojjhaṅga) – 対象に囚われない

八正道

(はっしょうどう、巴: ariya-aṭṭhaṅgika-magga, 梵: ārya-aṣṭāṅgika-mārga)

仏教において涅槃に至るための8つの実践徳目である正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定のこと。
八聖道(八聖道分)、八支正道、もしくは八聖道支ともいう。
八正道は釈迦が最初の説法(初転法輪)において説いたとされる。
四諦のうちでは道諦にあたり、釈迦の説いた中道の具体的内容ともされる。

紹介 Azusa Nakano

中野システム研究所 所長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください