筋肉痛にストレッチは効くのか?

筋肉痛については、こっちが最新なんで、こっちを見てください。


遅発性筋痛に対するストレッチの効果によると、ストレッチは筋肉痛には効果がないようです。ただ、「痛みは減らせないが筋肉痛が起こる範囲を減少させる効果がある」という結果が出ているようです。
よく中身を読んでみると、範囲が減る効果も4日後に出ているらしいので、殆ど効いてないのと同じだと思います。

筋肉痛のことを、専門的には「遅発性筋痛(Delayed onset muscle soreness;DOMS)」というようです。
また、筋肉痛の程度をVAS(Visual Analogue Scale)にて評価されるケースが多いようです。
VASは、1から10点満点で評価するような個人的な主観の値だと思うので、これでいいのか・・?という感じはしますが。

遅発性筋肉痛の程度は筋損傷の程度を反映しているか?

DOMSの程度は、必ずしも筋損傷の程度が激しいことを意味していない。
DOMSが何を反映しているかは不明であるが、筋組織の損傷よりも結合組織の損傷や炎症により関与している可能性がある。

筋トレに付き物の『筋肉痛』ですがはっきりした原因はわかっていません。


アイシングが伸張性収縮後の遅発性筋痛に及ぼす影響
冷やすのもダメらしいですね。。

乾式遠赤外線低温サウナ浴が長距離陸上選手の大会後における筋肉痛回復に及ぼす影響
実験ではサウナを使用していますが、温めるのはちょっといいっぽいことが書いてありました。

冷やすより、温めたほうがいいのかもしれません。

紹介 Azusa Nakano

中野システム研究所 所長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください