ネガティブから回復するメンタルトレーニング

ネガティブ思考の原則

皆さんが抱えているストレスに比例してダメージを与える
なので、ストレスケアをしっかりしてあげるのが大事

まずは、こちらを踏まえた上で行ってください。

  1. 全く違うことに集中する
  2. 瞑想
  3. あとでネガティブに考える (ネガティブになる予定を決めておき、その時にまとめてネガティブになるようにする。ズボラな人には最適解。ネガティブになるのもめんどくせえ・・。)
  4. ネガティブ感情から目をそらさずに、逆に詳細にじっくり観察する。 (漠然と”不安”ではなく、なにがどう不安でどういう状態なのか?などを事細かに観察して、紙に書き出すなどしてみる。ドMな人には最適解。)
  5. ACT(アクセプタンス・コミットメント・セラピー) (非常に効果が高いと言われいる。要研究)
  6. アテンション・トレーニング (ネガティブな人はネガティブなものに反応するスピードが早いので、ポジティブなものを見つけていくよう注意を向けるトレーニングをする)
  7. ネガティブな思考を紙に書き出す (殺したい・死にたい → 死因を書くなどデスノートみたいに詳細に記述する など)

「3」についての補足
ネガティブな思考を先延ばしすることで、ネガティブな思考をするのが面倒になる。
ネガティブ思考の先延ばし。
不安感が実際に減ったという実験結果があり、予定を決めておくことで、自分で調整・コントロールしていけるようにもなる。

やり方はいくつかありますので、自分に合ったものをヤればいいと思います。
無理に全部やる必要はないゾ。


※参考URL

紹介 Azusa Nakano

中野システム研究所 所長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください