瞑想はどれくらいで効果が出るのか?

第1段階 3時間

主観として、集中力・自制心がついたなと感じる段階

第2段階 11時間

前頭葉の神経連絡がよくなる

第3段階 28時間

前頭葉が肥大化する

1日30分 を 8週間(諸説あります)
56日 / 2 = 28時間

集中力や注意力が財産という話

人工知能の父(ハーバート・サイモン

組織論の分野で活躍し、ノーベル経済学賞を受賞したハーバート・サイモンは、「情報の豊かさは注意の貧困をもたらす」という名言を残しています。
「情報」が増えれば増えるほど、一つひとつの情報に向けられる「注意」は減るわけです。

注意と情報の間に必然的なトレードオフがある以上、仕事の質を低下させないためには、強い意志を持って注意のフィルターを強化するか、情報を意識的に遮断するしかない。

Google方式の瞑想(最初にする入門編)

do nothing for 2 minites
この画面を開いて、2分間何もしない。何も考えない。

まずはこれが出来るようにから、瞑想に入っていくらしいです。


参考URL

「情報」と「注意」のトレードオフ

紹介 Azusa Nakano

中野システム研究所 所長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください