フォーブス世界長者番付2017




2017年フォーブス世界長者番付

1位:ビル・ゲイツ/860億ドル(米国/マイクロソフト)
2位:ウォーレン・バフェット/756億ドル(米国/バークシャー・ハサウェイ)
3位:ジェフ・ベゾス/728億ドル(米国/アマゾン・ドットコム)
4位:アマンシオ・オルテガ/713億ドル(スペイン/ザラ)
5位:マーク・ザッカーバーグ/560億ドル(米国/フェイスブック)
6位:カルロス・スリム・ヘル/545億ドル(メキシコ/通信事業)
7位:ラリー・エリソン/522億ドル(米国/ソフトウエア事業)
8位:チャールズ・コック/483億ドル(米国/複合事業)
8位:デービッド・コック/483億ドル(米国/複合事業)
10位:マイケル・ブルームバーグ/475億ドル(米国/ブルームバーグ)

日本の上位10人

34位:孫 正義/212億ドル(ソフトバンク)
60位:柳井 正/159億ドル(ファーストリテイリング)
102位:滝崎武光/123億ドル(キーエンス)
250位:三木谷浩史/58億ドル(楽天)
385位:森 章/44億ドル(森トラスト)
414位:高原慶一朗/42億ドル(ユニ・チャーム)
522位:伊藤雅俊/36億ドル(セブン&アイ・ホールディングス)
522位:三木正浩/36億ドル(ABCマート)
522位:永守重信/36億ドル(日本電産)
564位:韓昌祐/34億ドル(マルハン)

世界長者番付2017、ビリオネア数は史上最多に

IT系企業の創業者が特に若い世代で多いわけですが
今後この分野でも大きな地殻変動が起こることは確実です。
何なのか?
仮想通貨関連からビリオネアが次々と誕生するということです。
日本人の中でも仮想通貨関連でのビリオネアが誕生する可能性
これは大いにあると思います。
ブロックチェーンの本質を理解し、仮想通貨の可能性を理解し、何処にお金が流れてくるのか?
これがわかれば多くの人に大きな富をもたらすことになるでしょう。
5年前にビットコインを100万円分買っていれば?
2年前にエセリウムを100万円買っていれば?
あのときにああすればよかった!!
そんな後悔をする必要もありません。
まだまだこれからどんどん多くのチャンスが生まれてくるのですから。
ただし新しい情報のうちの99%は偽物です。
本物のチャンスを掴むためにも、まずは基本的なことを理解してください。

The World’s Billionaires(英語サイト)

紹介 Azusa Nakano

中野システム研究所 所長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください