催告と請求の法律上の違い

条文に出てくる「請求」とは裁判上の請求、
例えば訴えることや、それに準じた行為をいうものとされ、

一般的な請求書の送付や、口頭での請求は
「催告」と呼ばれて区別されます。

では、請求書の送付などが一切効力がないのかと言うと、そうではありません。

そのような「催告」をした後6ヶ月以内に「請求」つまり訴えたりすれば、
最初の催告の時に時効が中断したものと扱われます。

ところで、時効の成立を主張するかどうかは、債務者の自由です。

したがって、時効が完成していたとしても、相手方が時効を主張しない限り、
返済を請求することは出来るのです。


※参考
法律上の請求、催告とは

紹介 Azusa Nakano

中野システム研究所 所長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください