原油価格再び上昇

原油価格が再び上昇しています。

6ヶ月の日足
oil06

6ヶ月の日足で見てみると+2σに張り付く形(ボリンジャーバンド)で上昇していますね。

3年の週足
oil36

こちら3年間の週足ですが、2014年頃は大体100ドル前後で推移していました。

原油価格ですが、中国経済の失速やアメリカの原油輸出開始で、原油余りの基本的な経済構造は変わらずのままですので、100ドルまで戻すことはないかと思います。

30ドル台や20ドル台は下げ過ぎだったということだと思いますので、おそらく、40ドル~60ドル前後で推移するのが適正価格ではないかと見ています。

原油価格など資源価格上昇に合わせて、資源国通貨も上昇しています。
原油価格がもう少し戻すのではないかという見込みで見てみると、資源国通貨もまだ少し上昇していくのではないでしょうか・・・。

通貨(為替)の方は、反応が早いので、現時点ですでに適正価格程度までは上昇してしまっている感じがあります。
購入する際は慎重に行う必要があり、基本的に、押し目買いを狙っていくのが良いと思います。

紹介 Azusa Nakano

中野システム研究所 所長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください